インフォメーション

夏と秋の間

9月も早半月経ち、朝と晩に秋めいた涼しさを感じられるようになりましたが、昼間はまだ汗ばむ日もあって、この時期は着るものに悩むことが多いです。
いかにも夏っぽい素材やデザインだと季節感がないし、かといって秋を先取りしても暑いし…と悶々しながらも、秋冬のファッションは「すぐに着たい!」と思うような色使いや素敵な柄のお洋服ばかりなので、本格的な秋の到来を待ち望んでいる今日この頃です。

お店の方では来年用の手帳の販売が始まっております。
世の中はまだ、ちょっとのお出掛けにも慎重にならないといけない状況。
行きたい場所、やりたいこと、皆さんそれぞれに色んな我慢を強いられているかと思いますが、来年は自由に、旅行に帰省、コンサートやイベントに行く妄想をしながら、自分にあった新しい手帳を探してみてはいかがでしょうか。
「来年の事を言えば鬼が笑う」ということわざがありますが、明るい未来を想像して楽しい気分になるのなら、鬼に笑われたっていいと思うのです。

わたしはといえば、自分の部屋の本棚に並ぶ積読の本を眺めては、まだまだ長く楽しめそうだなぁとニヤニヤしています。

春菜

 

最近のお知らせ一覧